借金で夜逃げした人を必ず探し出す4つの方法

借金を返せず追い詰められた人は、夜逃げをしてしまうことがあります。

 

債権者にとっては、お金が戻ってこなくなる可能性がありますから冗談ではすまされません。

 

また、連帯保証人は借金の肩代わりをしなければならないので、軽い気持ちで引き受けたなら大変なことになります。

 

夜逃げの影響や債務者を探し出す方法について知っておきましょう。

債務者が夜逃げをすれば、連帯保証人は借金を肩代わりさせられる

債務者が夜逃げをした影響は、債権者にも連帯保証人にも及びます

 

それぞれの身に起こることを見ていきましょう。

債務者が夜逃げしたらどうなる?

債権者の場合

債務者を発見できない状況が続けば、債権が時効を迎えてしまい、借金を回収できなくなる可能性があります。

 

時効までの期間が十分にある場合でも、債権者の居場所を特定できなければ、回収のための手続きを行えません。

 

連帯保証人がいるなら、そちらに借金の返済を請求することができます。

連帯保証人の場合

連帯保証人は債務者と同等の責任を持ちます。

 

債務者が夜逃げをすれば、債権者から借金の肩代わりを求められた時に拒否することができません。

 

債務者に借金を返済するための財力があったとしても、「まずは債務者を探してそちらから取り立ててくれ」と主張することさえできないのです。

 

債権者以上に夜逃げの影響が大きい立場だといえます。

夜逃げがわかったら、債務者を探し出すことを最優先するべき

夜逃げが発覚しても、債権者や連帯保証人が何の行動も取らなければ、債務者の逃げ得になってしまうだけです。

 

債権者と連帯保証人はどうすればいいのでしょうか?

債務者が夜逃げした場合の対応

債権者の場合

連帯保証人がいるなら、そちらに借金を肩代わりさせればいいだけです。

 

連帯保証人がいないか、何らかの理由で請求が難しい場合は、債務者を探し出す必要があります。

 

債権には時効がありますから、できる限り早く債権者を見つけなければなりません

 

発見さえできれば、財産の差し押さえや調停の申立によって時効のカウントを止められます。

連帯保証人の場合

債務者が夜逃げをしたことを債権者が知れば、借金の肩代わりを要求されてしまいます。

 

拒否はできませんから、少しずつでも払っていくしかありません。

 

払いたくなければ、何としてでも債務者を探し出すべきです。

 

発見できれば返済の優先順位は債務者になりますから、財産を差し押さえるなり調停を申し立てるなりして借金を返済させましょう。

債務者の捜索方法は、住民票や簡易書留の利用、探偵などがある

債務者を探し出すためには、いろいろな方法が考えられます。

 

多くの方法を試せばその分だけ発見の確率は上がるので、何でも試してみるのがおすすめです。

 

よく使われる方法を紹介しましょう。

夜逃げした債務者を探す4つの方法

警察に通報するか、捜索願を出す

警察は、動かすことさえできれば非常に強力な存在です。

 

しかし、夜逃げは犯罪ではありませんから、債務者を犯罪者として追いかけることはできません。

 

捜索願を出したとしても、事件性や債務者の命の危険がなければ、積極的な捜索は行われないでしょう。

 

結局、債務者探しで警察は当てにできないのです。

住民票や戸籍の附票を使う

債務者が住所を変更していれば、住民票や戸籍の附票には記録が残ります。

 

債権者は、債務者の居場所を特定するためにこれらの記録を見ることができるので、役所の窓口で開示を請求してください。

 

正式な借用書さえあれば、高確率で開示が認められます。

 

なお、債務者が住所変更をしておらず記録が残っていなくても、あきらめる必要はありません。

 

住所を変更しないといろいろな不都合があるので、ほとぼりが冷めたころに変更をする可能性があるのです。

 

1ヶ月後、半年後、1年後など、一定の時間が経過するごとに住所が変更されていないか確認してみましょう。

住民票での人探しは、こちらの記事で詳しく解説しています。
住民票で人探しをおこなう方法と3つの注意点

簡易書留を使う

住所変更をしなくても、郵便局に移転届だけは提出しているケースがあります。

 

家族や友人と連絡を取りやすくするためでしょう。

 

この場合は、元の住所に簡易書留で郵便を送ると、移転先の住所が記載された状態で郵便物が戻ってきます。

 

最初のうちは、「この住所には誰も住んでいない」という旨が記載されて戻ってくるかもしれません。

 

それでも何度か送っていると、いずれは移転先が記載されるはずです。

 

あきらめずに送り続けてみましょう。

探偵に人探し調査を依頼する

人探しにおいて最も頼りになるのは探偵です。

 

警察とは異なり、事件性がなくても行方不明者を探してくれるからです。

 

探偵の人探しは聞き込みが中心で、元の住所の近隣住民や、債務者がいきそうな施設の店員・職員などに徹底的な聞き込みを行ってくれます。

 

さらに、債務者が今どこで働いているのか、どの程度の財産があるのかといったことも調査すればわかります。

 

差し押さえや調停も視野に入れるなら、探偵に依頼するのがおすすめです。

まとめ - 探偵の力を借りて、一刻も早く債務者を探し出そう

債務者の捜索は時間との戦いです。

 

債権者は時効の問題がありますし、連帯保証人は自分の負担を減らすためにも債務者に責任を果たさせなければならないのです。

 

住民票や簡易書留による捜索が無理でも、早い段階で探偵に調査を依頼すれば、発見の確率は大きく上がります。

 

泣き寝入りせずに債務者を探し出してください。

人探し調査を得意としている探偵事務所

原一探偵事務所では24時間無料相談を受け付けています。
無料で専門家の意見を聞くことができるサービスなので、是非活用してみましょう。

原一探偵事務所

日本国内から海外まで幅広いネットワークと調査力を持ち、警察や人探しのテレビ番組への捜査協力の実績も高い探偵事務所です。
また、弁護士とも連携をしているので持ち逃げの証拠についてのアドバイスを受けたり、持ち逃げ相手を見つけた後の流れもスムーズにおこなうことができます。

 

原一探偵事務所

  • 24時間無料相談受付
  • 全国対応
  • 弁護士との連携による安心のアフターフォロー

無料相談

お電話での無料相談はこちら!

 

タップで番号コピー

 

電話番号タップ画像

 

このサイトからの申し込みで基本料金半額

※お電話時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

当サイトからの申し込みでお得なクーポンGET!

当サイトから原一探偵事務所に無料相談の申し込みをして調査依頼の契約をされた場合、基本料金40,000円が半額の20,000円になります。

 

※申し込み時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

対処法

夜逃げした人を探す方法記事一覧

大金を貸していた相手が夜逃げをしてしまったら、あなたはどうしますか?お金を回収するためには、何とかして債務者を見つけなければなりませんが、そう簡単にはいきません。夜逃げをしている側も、見つからないために必死になっているからです。ここでは、夜逃げをした人が取るであろう行動と、追跡するための方法を解説します。持ち逃げされたお金を取り戻す方法夜逃げした人は徹底的に居場所を隠す夜逃げをした人は、居場所を特...