絶対見つけたい!持ち逃げをした人の居場所を突き止める方法

人のお金を盗むのは、プロの窃盗犯ばかりとは限りません。

 

信頼していた家族や友人・部下などが、家の財産や会社のお金を持ち逃げしてしまうこともあるのです。

 

すぐに探し出さなければ、お金を使われたり行方がつかめなくなってしまったりするかもしれません。

 

持ち逃げの犯人を探し出すには何をすればいいのかを見ていきましょう。

警察は、持ち逃げの犯人を積極的に探してくれないことが多い

持ち逃げといえば多少表現が柔らかくなりますが、実際には「窃盗」です。

 

まずは警察に通報するのがいいでしょう。

 

警察は一度動き出せばとても頼りになりますし、費用もかからないのがメリットです。

 

しかし、警察は必ずしも動いてくれるとは限りません

 

それには以下のような理由があります。

家族や親族が持ち逃げした場合は犯罪にならない

警察には「民事不介入」の原則があり、家族や親族の間でのトラブルには基本的に介入しません。

 

家族がお金を持ち逃げしたケースは、犯罪ではなく家族間の問題とみなされるため、警察は動いてくれないのです。
(参考:被害届が受理されないケース

お金が盗まれたことを証明する必要がある

持ち逃げした人を発見できたとしても、すぐにお金を取り戻せるとは限りません。

 

「持ち逃げはしていない。借りただけだ」と主張されれば、事実関係をめぐってさらに争うことになります。

 

警察もそのことをわかっているので、持ち逃げされたことを証明しなければ、積極的には動かないでしょう。

少額の窃盗では警察は動かない

警察は日々多くの事件に対応しており、手が回らない時はより大きな事件を優先します。

 

窃盗の場合、被害金額が数百万円規模なら積極的に動きますが、数十万円ほどの少額の窃盗は後回しにされてしまいがちです。

 

そうこうしている間に、犯人が逃げ切ってしまうかもしれません。
(参考:警察に捜索願を出す際の注意点

自力での人探しは、お金はかからないが効率が悪い

警察が頼りにできない場合は、他の方法を探す必要があります。

 

自力でできる人探しの方法はいくつかありますが、発見の可能性はどの程度なのでしょうか?

インターネットを利用した人探し

SNSやネットの掲示板を使えば、不特定多数の人に情報提供を呼びかけることができます。

 

しかし、素性のわからない人から寄せられた情報を精査するのは大変です。

 

お金はかかりませんが、効率はよくありません。

チラシ配りポスター貼りなどを利用した人探し

地道にチラシを配ったりポスターを貼ったりして情報提供を呼びかければ、誰かが情報を寄せてくれるかもしれません。

 

ただ、自分の足を使った活動には、費やせる時間や行ける場所に限界があります。

 

かかる費用はチラシ代や交通費程度ですが、労力に比べて著しく効率が悪いといわざるをえません。

自力での人探しは、こちらの記事で解説しています。
【自力で人探し】自分でできる人探しの方法と手順

探偵は家族の持ち逃げでも捜索可能。依頼者の負担は費用のみ

持ち逃げした人を自力で探し出すのは、非常に難しいのが現実です。

 

あまり時間はかけられませんから、もっと効率のいい方法を使わなければなりません。

 

そこでおすすめなのが、探偵の人探し調査です。

持ち逃げ解決を探偵に依頼する2つのメリット

探偵の人探し調査には、2つのメリットがあります。

1.身内の持ち逃げや証拠がなくても動いてくれる

1つは、犯人が家族だったり持ち逃げの証拠がなかったりしても動いてくれることです。

 

これは警察との大きな違いといえます。

2.持ち逃げ犯を見つけだせる可能性が高い

もう1つは、必ず複数の調査員を投入して、怪しいと睨んだ場所を集中的に調べてくれることです。

 

依頼者は報告を待つだけでいいので、日常生活に支障はきたしません

 

犯人に関する情報をできる限り提供し、効果的な捜索計画を立案してもらいましょう。

探偵に調査を依頼する場合には、こちらの記事も参考にしてください。
探偵に人探しを依頼する前の予備知識

人探し調査の料金

人探し調査の料金は、調査の期間や投入する調査員の人数によって変動します。

 

一概にはいえませんが、総額で50万円程度はかかると見ておいた方がいいでしょう。

 

難易度の高い人探しほど大勢の調査員を投入しなければならないため、料金も高くなります。

 

持ち逃げされた財産と比較して、割に合うかどうかはよく考えてください。

探偵の料金については、人探し調査の料金 - 料金相場と調査費用を安く抑えるコツで詳しく解説しています。

探偵の無料相談を活用しよう

ただし、多くの探偵では、無料相談のサービスをおこなっています。

 

無料相談サービスでは、調査の見積もりを出してもらう他にも、人探しの経験豊かなプロから捜索についての方向性のアドバイスを受けることができます。

 

探偵の無料相談は、持ち逃げした相手を見つけ出す可能性がどれくらいあるのか?持ち逃げされたお金が戻ってくる可能性はあるのか?等、専門家の意見を聞くことができる貴重な機会です。

 

無料相談をしたからといって、必ず契約をする必要はありませんので、気軽に持ち逃げ被害についての相談をしてみてください。

持ち逃げ対策に強い探偵社

原一探偵事務所

日本国内から海外まで幅広いネットワークと調査力を持ち、警察や人探しのテレビ番組への捜査協力の実績も高い探偵事務所です。

 

また、弁護士とも連携をしているので持ち逃げの証拠についてのアドバイスを受けたり、持ち逃げ相手を見つけた後の流れもスムーズにおこなうことができます。

 

原一探偵事務所では、24時間無料相談の受付をしているので、まずはメールや電話で気軽に相談をしてみましょう。

 

原一探偵事務所

  • 24時間無料相談受付
  • 全国対応
  • 弁護士との連携による安心のアフターフォロー

無料相談

お電話での無料相談はこちら!

 

タップで番号コピー

 

電話番号タップ画像

 

このサイトからの申し込みで基本料金半額

※お電話時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

当サイトからの申し込みでお得なクーポンGET!

当サイトから原一探偵事務所に無料相談の申し込みをして調査依頼の契約をされた場合、基本料金40,000円が半額の20,000円になります。

 

※申し込み時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

まとめ - 泣き寝入りはせず、あらゆる手段を用いて犯人を探そう

持ち逃げした人を探し出すには、まず警察に通報した上で、探偵にも人探し調査を依頼するのがベストだといえます。

 

早めに調査を開始すれば、犯人もまだ遠くへ行かずお金も使っていない可能性が高いので、財産を取り戻せる確率も上がるでしょう。

 

警察が動いてくれないからといって泣き寝入りはせず、できる限りの手段を講じてください。

対処法

持ち逃げをした人を必ず探し出す方法記事一覧

会社経営をしていて、会社のお金を持ち逃げされることもあるかもしれません。この場合には、業務上横領ということになって、立派な犯罪です。この記事では、横領された場合の対処法についてご紹介します。持ち逃げされたお金を取り戻す方法横領された場合の対処法横領が発覚した場合には、その社員を懲戒解雇することも可能です。これは過去の裁判の判例を見ても証明されています。横領の額の多少に関係なく、懲戒解雇をするのは妥...

貸したお金を返済しないで、借りた人が蒸発してしまうという事例が起きる可能性は大いにあります。この場合、借り逃げの状態となってしまって貸したお金の分だけ、皆さんは実害をこうむることになります。もちろん、相手とコンタクトを取って貸したお金の返済を迫ることになります。しかし相手が蒸発して居場所が一向に明らかにならないということになれば、コンタクトのしようがありません。中には自分ではどうしようもないので、...

持ち逃げの被害に遭ってしまって、大金を奪われてしまった場合には、まず相手がどこにいるのかを把握する必要があります。そのために探偵事務所を活用する対処法を検討してみるべきです。相手は持ち逃げされてあなたが探していることを知っているでしょうから、身を隠すようにどこかに潜伏している可能性が高いです。このため、素人にはなかなか相手の居場所を特定することは難しいでしょう。そこでプロの探偵を活用するのです。探...